審査なしクレジットカードはクレヒス構築ができない

審査なしのクレジットカードであるデビットカードや家族カードには、デメリットがあります。
それはクレヒスを構築できないことです。
デビットカードはリアルタイムで支払いが行われるため、個人信用情報機関に利用状況は登録されません。
家族カードは支払いをするのは本カード会員となりますので、個人信用情報機関に利用履歴が登録されるのは本カード会員のみとなります。
いくら使っても、クレヒスが構築できないのです。

クレヒスがあると、クレジットカード審査に通りやすくなります。
審査なしと同じくらい審査が甘いクレジットカードなら、ラクラク発行できる可能性が出てきます。
逆にクレヒスがないと、クレジットカード審査の通過は厳しいです。
年齢が上になるほど審査通過が難しくなりますので、今後のためにもクレヒスを構築しておいた方が良いでしょう。

なので審査なしのデビットカードや家族カードを発行するよりも、自分名義のクレジットカードを自力で発行するのがおすすめです。
まったく審査なしではなく、審査があるクレジットカードの取得を目指しましょう。
そしてクレヒスを構築すれば、ある程度審査が厳しいクレジットカードの審査にも通ることができるかもしれません。

クレジットカードの審査についてはこちらも詳しいです。
https://kuratatsu.com/creditcard/shinsa/