勤続年数が短いと審査が甘いクレジットカードでもダメ

無職ではないし、ブラックでもない。
それなのに審査が甘いクレジットカードでも、何故か審査落ちしてしまう…という方がいます。

このケースは、勤続年数が短い可能性があります。
クレジットカードでは、勤続年数が長いほど審査が有利になると言われています。
転職したばかりで1か月しか働いていない…といったときは、審査が甘いクレジットカードでも発行は難しくなります。
審査が甘い消費者金融系のクレジットカードでも、勤続年数は半年以上あった方が良いみたいです。

転職したての場合は、クレジットカードの発行はちょっと待った方が良いでしょう。
審査が甘いクレジットカードでも、半年~1年以上経過してから申込をするのがおすすめです。
審査が甘いからといって、勤続年数が短くても良いということはありませんので注意してください。

もし転職が決まっているのなら、転職前にクレジットカードは発行しておいた方が良いです。
クレジットカードは一度発行してしまえば、転職をしたからといって利用ができなくなることはありません。
職業や雇用形態によっては利用限度額を減らされるといった措置を取られることはありますが、普通に使っていれば会員資格をはく奪されるといった心配は不要です。